• admin
  • topimage

    2013-08

    ジャンプの前? - 2013.08.30 Fri

    二男くんが学校を休み続けてること。

    それがきっかけで、
    いろんな方が教えてくれた、
    それぞれに見聞きし、経験しているいろんな人たちの人生。

    人の数だけ人生がある。

    本当です。

    今日は、仕事が休みで、
    二男くんと一緒に昼食を摂りました。

    金曜日だからかな。
    それとも、私の立ち位置が少しはしっかりしてきたのかな。
    今日、学校に行かないことが確定してからの二男くんは、
    そりゃあもう、とても明るくて。

    いつものことなんですが、
    自分の今の状態はまるでないことのように、
    学校やら勉強やら将来のことやらを、話してきます。

    本当に不思議なんだな…。

    家から一歩出た世界への拒絶反応みたいなのが、まるでない。
    やってみたいことも山ほど。

    「敵は自分自身。」
    「彼自身の成長を見つけて、褒めてあげて下さい。」

    とは、スクールカウンセラーの先生から言われた言葉。

    褒めてきたつもりなんですけどね、ずっと。
    難しいな、伝えるのって。

    元気な頃なら伝わることも、
    きっと元気がない時には受けるアンテナも弱ってるんだろうから。

    二男くん、実はおとといLINEをやめてました。

    最初は、胸が締め付けられるような思いで、
    スマホ画面の二男くん『退室』の文字を見ました。

    昨日、ちょっと聞いてみました。

    「LINEやめたの?」
    「うん。」
    「どうした?」
    「ちょっと、見るのがつらくて。」

    1週間後は体育祭が控えてる高校。
    多分、みんな体育祭に向けて盛り上がってる頃。

    想像がつきました。

    「つらい」と口に出して説明されて、
    なんだか逆に安心しました。
    ちゃんと意識できてるんだなって。

    まあ、いつもの“フリ”かもしれないんですが…。

    「そっか。でも連絡事の時困らない?」
    との問いに対しては、
    「大丈夫。メールがあるから。」というお返事。
    笑顔つきで。

    いろいろ。

    いろいろ考えてるんだろうな。

    友達にも会いたいと言うし。
    早く学校に戻りたいと言うし。

    まあ、頑張れ

    口には出せないけど。
    頑張れって言葉しか、やっぱり思いつかない。

    あっちこっちに、君を応援してくれる人たちがいる。
    だからね、だから大丈夫。

    みんなに愛されている人は、そう簡単につぶれてしまわないもの。

    あちこちで頑張ってる誰かさんたち。
    小さく縮こまって、つぶれそうに見える時。
    それはもしかしたら、
    ジャンプする直前の勢いをためている姿なのかも。

    今の君もね。

    頑張れ、二男くん。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    2学期始まった - 2013.08.27 Tue

    やっぱりやっぱり、でした。
    二男くん。やっぱり学校には行けません。

    体育祭が9月に入ってすぐに予定されていて、
    先週からその練習が始まっています。
    「出たい」とは言っていた二男くんですが、
    どうやら今回は無理そうだ、と心の内で思ってます。

    昨日から始まった2学期。

    時間はせまります。

    私は出勤日。
    学校を休むのであれば、それなりに連絡を入れる時間も、
    私が家を出る時間に合わせて早くなります。

    連絡しなくていいと言われた月曜日。
    あえて、言われたとおりそのまま仕事に行ったら、
    案の定無断欠席となって、
    担任の先生から何度も連絡をもらう事態に。

    こんなことはさすがに迷惑。

    彼の気持ちをそぐことはしたくないけど、
    時間通り行けないのに連絡しないのはNG。

    あまり口をききたくない、なんて
    わがまま言ってる場合じゃなくなりました。
    『物言い』です。

    今朝は、
    連絡のタイムリミットがだいぶ過ぎてから、
    「今日行かなくていいかな」と言ってきた二男くんでした。

    間に合う時間の頃は、
    聞いても「分からない」

    自分が分からないからって、
    世間に待ってもらうわけにいかないのが現実でしょう。

    そのあたり、まだ分かってないじゃん

    とは言いつつも…。

    最後には
    自分の今日の結論を言って来てくれたことに、
    私から「ありがとう」が言えました。

    そんな二男くんにとって、
    長男くんは、癒しどころとなっています。
    今はあえて、彼のオアシスになってあげようとしているみたい。
    とにかく楽しく雑談して盛り上がる相手に徹しています。

    それでいて、
    私が二男くんを見ていて感じずにはいられない
    甘さとか、薄っぺらさとか。
    同じように感じるらしく…。

    長男くん曰く「二男くんは“中二病”やね」
    だそうです
    高二病じゃなくて???

    今朝はちょっぴり勇気を出して、
    私からダンナさんに
    「二男くんは多分長引きそう」と話をしました。

    「意思表示は必ずするようにって話をしたから、
     意思表示をしてきたら、それを受け入れようと思う」とも。

    ダンナさん。
    「それがいいのかな…」と「?」付きで。

    どうやら本格的になりそうな二男くんの「不登校」。
    長男くんの時のような、
    高校をリタイアしなくてもすむ『支援センター』という技もなし。

    準備万端、とはいかない。
    だけど、家族の気持ちだけでも
    受け入れ態勢を整えとかないと。

    …と、今日は気持ちもどうやら前向きです。

    きっと、すぐくじけるんですけどね。
    その時はまた、みなさんに支えてもらいます


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    理解者になること - 2013.08.24 Sat

    二男くんと私。
    「ほっとく」というか「関わらない」

    怒ってるとは思われてないです。
    「おはよう」「ただいま」「おかえり」そんな会話は継続中。
    だけど、それくらい。

    なんと言っても、私自身が
    二男くんと深く絡みたくないという心境なので。

    まずいかな。
    でも、いやなんだもの。
    ちょっぴり気をもみながらの時間が過ぎてます…。


    ちょっと話を変えますね。

    我が家の三男くんが、サッカーの次に夢中なのがマンガ。
    なかでも、ずっとイチオシ作品だったのがこれです。
    6198obEE63L__SL500_AA300_.jpg
    篠原健太著『SKET DANCE』

    基本的にはドタバタ高校生活マンガです
    高校生らしいバカさ加減で、
    ひたすら熱く人助け部なるものを結成したお調子者が主人公。

    これがね~。
    なかなか、バカにできないんですよ。
    心をぐっとつかまれる感動的なお話も時々あって。
    結局、父も母もどっぷりはまりました

    そのマンガが、最近最終回を迎えまして
    小遣いで発売当日に入手してきた三男くんが
    得意げに貸してくれた最終巻。
    SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)SKET DANCE 32 (ジャンプコミックス)
    (2013/08/02)
    篠原 健太
    商品詳細を見る

    ありがたく、内容に涙しながら読みました(笑)

    その中にあったとある場面での主人公のセリフが、
    ものすごく強烈でした。
    こんな言葉です。

    「君にとって人助けとはなんだ?」との問いに対する答え―――

    「理解者になること
     乗り越えることは変わることじゃなくていい
     その人が今いる位置を認めて
     愛しいと思えるように
     背中を押すこと」


    ガツンとやられた

    理解者になる。
    その人が今いる位置を認める。

    そうありたいです。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    意地悪? - 2013.08.21 Wed

    昨日、高校の先生から電話がありました。
    様子うかがいの電話です。

    「どうですか?」と聞かれても、
    「どうなんでしょう。」と言うしかない今。

    だって、分からないんですもん。

    「放課後でもいいから、一度顔出して。」
    そんな風に声をかけてもらったらしい二男くん。
    今日も行けずにいます。

    来週からは2学期。
    欠席日数によっては留年。
    さあ、どうする?

    二男くんの今。
    実は、長男くんが不登校でなかったら、
    二男くんの今は違ってたような気がしています。

    「自分はこんなに苦しんでる」というアピールの手段。
    アピール下手な彼の、自分の弱さを正当化する手段。
    逃げる場所。

    長男くんの不登校からヒントをもらったような…。

    私、ちょっと意地悪すぎますか?

    だけど、どうもそう思えてくるんです。
    もちろん、意識的なものではないと思いますよ。
    つらい思いを抱いているのは、まぎれもない真実だから。

    スクールカウンセラーの先生が言った、
    「ほっとけ」の意味。

    もしかしたら、こんなことも全部お見通しだったのかな。

    今の私の心境、
    まさに「ほっとこ」です。
    どちらかというと、冷たい意味合いで。

    逃げられるものなら逃げてみればいい。
    そして留年してみればいい。
    そう思います。

    そうなったときには、
    今彼が描いてる夢は、全部が全部
    構成から変えていかなくちゃならなくなるけど。

    逃げられないことを思い知ればいい。
    そう思います。

    ずっとずっと、
    自分に箔をつけることに必死だった二男くんです。
    箔を落とした後に何も残っていないことに気づいた時、
    将来も見えなくなって、
    その時彼は、一体どうなるんだろう。

    そこまで考えると、
    さすがにちょっぴりこわいです。

    私、大丈夫かな。
    しっかり冷静でいられてる?

    今の私も、将来の私も。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    しんどいけど - 2013.08.20 Tue

    ただいま午前11時40分。

    夏課外後半二日目の二男くん。
    昨日も今日もまだ学校には行けてません。

    今日は部屋からいったん出てきて、
    朝食&シャワーまではね、頑張りましたよ。

    ちょっとつついてみたら、着替え半分まで。

    頑張りました。

    そういうことにしましょう。

    ただいま二男くん、
    まだシャツのボタンをはめていない状態で、
    扇風機にあたってます

    酷なようですが、
    あれが「行こうとしてるアピール」で、
    本心は、もっと違うところにあることも知ってます。

    なぜだろう。
    不思議と見えてきちゃう、彼のそういう計算。

    もちろん、学校に行かなきゃと思ってることも知ってるんだけど。

    そうやって失敗してきたのに。
    いつまでダダこねてんだろう。

    そういう気持ちがふつふつと湧いてきて、
    どうしても二男くんに対して優しくなりきれないんです。

    そんな自分に、少々手を焼いています

    どうしてでしょうね…。

    学校に行けなかった長男くんに
    あんなに優しい言葉をかけていた三男くんが、
    同じように学校に行けない二男くんに、
    いつだったか、手厳しく説教していたように、
    二男くんの今の状態の中に、
    きっと何か理由があるような…。

    そんな気がします。

    そこで、私は
    ぐっとこらえて優しくしてあげないといけないのかな。

    正直、ちょっと無理かも。

    ただ…。
    今思うことは、
    今の高校は、不登校になるためにあったのかなって。

    甘ちゃんの二男くんには、
    不登校にでもならなきゃ身に沁みて分からないような
    大きな課題があって、
    それが、一人前になるためには絶対必要なことで、
    そのために、この学校に来たのかなって。

    ちょっとこじつけみたい

    要は、二男くんにとって、
    『今』はやっぱり必要ってことか。

    じんわりとながら、
    そう思えるようになってきました。

    しんどいけど。

    まだ、優しくはできないけど。

    しんどいですね。やっぱり。
    どのくらいしんどいかというと、
    時々わーーーーっ!って、叫びたくなるくらい。

    更新をいったん中断して、
    堂々たる夏休み中の長男くんも交えて
    3人でお昼を食べに出かけました。

    今、兄弟2人で絶好調にバカ話して盛り上がってるよう。

    ま、ほっときます。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (549)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (30)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (94)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (94)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹