• admin
  • topimage

    2011-11

    三男くんのオススメ本 - 2011.11.30 Wed

    三男くんが、
    「学校で借りた本、いい本やったよ。
     明日持って帰ってきてあげる。」
    そう言って、今日持って帰ってきてくれた本。
    この本です。
    ぼくの街に地震がきた―大震災シミュレーションコミックぼくの街に地震がきた―大震災シミュレーションコミック
    (2006/02)
    名古屋 裕、国崎 信江 他

    商品詳細を見る

    小学5年生の主人公の男の子が住む街に大地震。
    その経験を通してのお話。
    マンガなので、三男くんもさらっと読めたようです。
    この本、長男くんも、小学校の頃借りて読んだ記憶があったよう。

    もともと涙腺のゆるい私です。
    マンガだって何だって、すぐ涙

    主人公の男の子、すごく頑張り屋さんなんです。
    妹や、身重のお母さんや、
    近所のおじさんおばさんや、
    避難中に知り合った人たちや、
    いろんな人たちのことを考えて、
    とにかく頑張って、頑張って、頑張って…

    でも…
    頑張ったってかなわないこともあります。
    その子は、今度は自分を責めて、責めて、責めて…

    でも最後は、
    避難所で知り合った心理カウンセラーの女性に
    『心のけが』が癒される言葉をもらい、
    心を修復して明るく前向いていきます。

    そんなお話。

    東北の方々の生活の大変さも、改めて考えさせられました。
    最近また、日本各地で地震がよく起きてるような…。
    これから本格的な冬もやってきます。
    大きな不安との闘いでしょうが、応援してます。
    私にできること、していきたいです。

    その一方で、やっぱり
    頑張り方を知らずに頑張り過ぎてるわが子のことも
    連想させます。

    いよいよ、明日から期末テストの長男くん。
    なぜかハイテンションで
    「僕は元気だ~」と叫んでます。

    どうもまた頭痛がするようですよ…

    頑張ってるんだよなぁ、きっと。
    あのハイテンションは多分、涙ぐましい努力ってやつですね

    もつかなあ…
    祈るのみです
    サンタさん、彼に鈍感さを下さ~い


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    テスト勉強は至難の業 - 2011.11.29 Tue

    「治った」宣言後の長男くん。
    その言葉に違うことなく、どうにか頑張れてる様子です。

    そして今週木曜日からは、
    そんな彼に追い打ちをかけるように期末テストが始まります。
    授業も受けてない状態。まあ散々なことでしょう

    計画を立てることが病的に苦手な長男くんにとって、
    テスト勉強は、もはや拷問に近い苦痛。

    テストまでに何日あって
    範囲は何ページあって
    この部分は準備に時間がかかって
    この部分が特に問題に出やすくて

    な~んてことをいろいろと考えながら、
    残り日数に合わせて計画的に進めていく。
    時には“捨てる”ところなんかも決めながら…。

    改めて考えてみれば、そりゃあ難しいわ…。
    あの長男くんにはね

    それに加えて、今は進路決定の時期。
    卒業後の進路に応じて、3年次の選択教科について決める時期なんですが、
    これまた、難しい選択を求められておりまして…。

    なんかですね、
    本人の成長具合なんかさておいて、
    話だけがずんずん進んでいるような印象です。

    人生にかかわる岐路

    とりあえず無難に…ができないということは、
    な~んて大変なことなんでしょう。

    それでも…
    テストやら進路やらに関心がいってる今は、
    やっと体調不良から抜け出したらしいことは確かなよう。
    咳も、そう言えば出てないみたい。

    ここを乗り切れば、
    クリスマスお正月と行事が目白押しです。ファイト

    どうせなら明るく。

    どうせなら楽しく。

    お恥ずかしながら…我が家のクリスマスツリー
    2011120118230000.jpg
    三男くんが飾り付けしてくれました。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    「治った」宣言 - 2011.11.28 Mon

    月曜の朝です。

    逃げずにここにおります

    この週末は、今一つ長男くんに優しくできずにいました。
    冷たくしてたつもりもないけど、優しくもなかった。
    特にね、深く絡むこともないまま過ごしてました。

    土曜日、結局病院には行ったんです。
    改めて強めの抗生剤が出されました。
    先生も首をかしげてました。
    胸の音も聴いてたので、肺炎疑惑はやはり消えたようです。

    ひたすら寝てましたよ、長男くん。
    金曜日の夜からず~っと。
    熱なんて1週間くらいずっと出てないんだけど。

    たまに、弟がしてるゲームをのぞいてたりしてました。
    私が近づいてくる気配があると、
    静かに自分の部屋に戻ってました。

    私も、具合について特に尋ねることもなく…
    特に気にかけることもせず…

    図書館に行きました。

    家で長男くんから逃げるためにも、読む本が欲しくて。
    借りてた本は読み終わってて。

    さすがに、うちの子ども達は、
    親が家にいなくたってどうってことない年になってます。
    私がしばらく図書館に逃げたところで、いつものことです。

    我が家も平和なままに、私の逃避行も無事終わりました。

    昨日の夕食後、
    長男くんが私のところにやってきて、こう言ったんです。
    「多分ね、治った」

    何の宣言 妙な感じ。

    だんだんとよくなってきた、という感覚、
    途中経過の感覚は、つかみきれないのでしょうかね。
    いきなりの終結宣言ですから。

    もしかしたら…
    なんとなく距離を置く、優しくない母を肌で感じてのことかも。

    そして今朝。
    朝補習に間に合う時間に部屋から出てきた長男くん。
    再びの「治った」宣言、出ました。

    いつもの「がんばる」もおまけでついてたんで、
    逆にあやしいと言えばあやしいんですけどね

    自分から「治った」という言葉を口にできたということは、
    前向きな変化ではあるようです。

    それにしても…
    感覚過敏って、後から強くなるってことあるんでしょうか。
    今回の長男くんは、本当に何だか強烈でした。

    この変化、どう見たものか。
    今のところ謎でしかありません。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    逃げたいです - 2011.11.26 Sat

    ここに来て、今かなり後ろ向きです。

    とにかく逃げたい。
    逃げたい逃げたい逃げた~い

    …って、ここで記事にできてるんだから、
    その程度には復活してます。
    大丈夫

    長男くんがね、まだぐずぐずと体調不良を訴えるんです。
    咳が出ています。
    火曜日から半分無理しながら学校には行ってましたが、
    金曜日は早退して帰ってきました。

    ただ…
    どうなんだろう。
    正直言って、何がつらいのかあまり分からない
    分からないんですよ…。

    本人的には、本当につらいんだと思います。
    だけど、それほどの不調具合じゃなさそうなのも事実。
    うつった側の二男くんや私の方が、早々と復活しちゃったし。

    彼の主張をどの程度まで汲んであげたらいいんだろう。
    なんか、よく分からなくなってきました。

    彼の判断に任せてたら、
    どんどん自分を甘やかしていきます。
    いずれ巣立っていく社会では通用しない甘さ。
    それも現実。

    昨日は、学校から「早退させます」の連絡が入った後に、
    家に絶対着いてないだろうという時間のうちに
    病院に行っておくようにとメールを入れました。

    病院に行きそこなって、この数日ダラダラと不調続きなのですから。
    もう1回診察を受けてきなさい、と。

    でも、結局はメールも見ないまま。
    仕事から帰ってきた私に対して、何の話もないまま。

    メールに気付くことなくずっと寝てたのなら、
    それはそれで、気付いた後ででも一言なくちゃ…ね。

    そういう細かなことを、いちいちレクチャーしていくことに、
    なんか昨日はすごく疲れてしまって…

    私が大爆発でした

    で、今朝。
    昨日の今日です。
    病院に行っておこうと思ってるのか、思わないのか。
    ずっベッドの中

    で、またもや爆発 その後自己嫌悪

    怒っちゃだめなんだろうな。
    そう思います。
    分からなくて一番途方にくれてるのは本人。

    でも逆に、
    じゃあ聞きにこいって腹が立つわけです。

    今朝、言われました。
    「分からないものは分からない。できないものはできない。
     だから、しょうがない。」

    じゃあ、こんな風に誤解受けたまま、こんな空気のままでいいの?

    いつでも、自分がしやすいように、言いやすいように
    周りがお膳立てして待っていてあげなくちゃいけないの?

    私が物足りなく思ってるところは、
    まさに彼自身が苦手とする凹部分。

    得意になってほしいとまでは、これっぽっちも思ってません。
    だけど、苦手なら苦手なりに、
    最低限自分を窮地に陥れない程度にはクリアしてほしいじゃないですか。

    な~んか、くたびれました。
    体調不良が気がかりなこともあって、八つ当たり…かな。
    くたびれ過ぎて、くさってます。
    逃げちゃいたい、投げちゃいたい、ただ今そんな気分


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    「発達障がい児本人の訴え―龍馬くんの6年間―」のご紹介 - 2011.11.24 Thu

    今日の長男くんはどうにか無事登校しました。
    このまま復活してくれるといいのですが…。

    ずっと記事にしたくて、
    でも長男くんの風邪だったりなんだったりで、
    なんとなく延び延びになっていたことがあります。

    11月9日付朝日新聞教育欄に掲載された記事。
    すでに記事にしてらっしゃる方もいらっしゃいますね。

    4年前、アスペルガー障害の小学生が
    夏休みの自由研究で自身の発達障害について取り上げ、
    それがこの春、東京教育技術研究所(TOSS)から冊子とされ、出版されたという記事です。

    タイトルは「発達障がい児本人の訴え―龍馬くんの6年間―」
    発達障がい児本人の訴え
    TOSSのページには、詳細な紹介がされています。
    こちら
    です。

    それは、こんな前文から始まります。
    自由研究

    こちら↓にも、龍馬くんの自由研究が掲載されているようです。
    教室ツーウェイ別冊 特別支援教育教え方教室 29号 2011年 04月号 [雑誌]教室ツーウェイ別冊 特別支援教育教え方教室 29号 2011年 04月号 [雑誌]
    (2011/04/07)
    不明

    商品詳細を見る

    3歳の時にアスペルガーと診断された龍馬君。

    協力・相談ということは一番つらいことです。
     『自主性に任せている』と言わないでほしいです。
     普通の子たちなら分かるかもしれないけど。

    国語の授業で「どんな感じですか?」「どんな様子ですか?」
     「どう思いますか?」という質問をされる。
     僕の頭の中は、意味が全然分からずチンプンカンプンになる。
     何も思い浮かばない。頭が真っ白状態。
     なんかイライラしてくる。

    顔の表情や身ぶりで何かを伝えようとされる。
     さっぱり分かりません。
     学年集会・全校朝会などで、近くの人や先生が表情や身ぶりで何かを伝えようとするが、
     はっきり言われないと分からない。混乱してしまうだけ。

    やってはいけない事・迷惑な事をしたときにはっきり言葉で言わないで、
     たとえ話で話をされると、さっぱり分からない。

    自分の声の大きさが分からず、音楽の合唱で自分だけ大きな声が出てしまう。

    こんな風に、本人の言葉で訴えかけているこの冊子、
    何より現場の先生方に多く読まれているようです。
    1人でも多くの先生に読んでもらいたいと思いました。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹