• admin
  • topimage

    2011-10

    休みたがりの月曜日 - 2011.10.31 Mon

    今日の三男くんは、日曜参観の代休でお休み。
    それに合わせたわけじゃないけど、私の仕事もお休み。
    本人が嫌がらなければ、
    お昼にデートでもしようかしら、なんて思ってたら…

    長男くんが
    頭痛学校を休む
    のいつものパターンにはまりました。
    またまた病欠です

    なんでかなあ。

    熱が特に高いわけでもなく、
    見た目も全然それほどの具合ではなさそうなんで、
    やっぱり「はあ~っ?」ってなっちゃう。

    で、やっぱり学習しきれない私は、
    一通りすったもんだのやりとりをして…

    くたびれました

    だけど…
    この際、脳みそリラックスしてもらう方がいいかな、と
    気を取り直しまして…

    お昼は、長男くんを残し、
    三男くんと2人で徒歩圏内のうどん屋さんへ。

    「うどん屋さんに行ってくるねえ」

    「俺どうすると?」とは長男くん。
    「あなたには朝作ったお弁当があるでしょ
    「あ、そうか…」

    なんとなく、がっかり気味。

    体調不良で学校を休んだ人間が、ルンルンとうどん屋になんか行っちゃいけません。
    つまらなくたって、家で休養しないとね

    むしゃくしゃしながら、いろいろ考えました。
    なんで彼の言い分にイライラするのかなあ。

    で、ひとつ思ったこと。

    前向きさが感じられない。
    明日のために今日1日休んで、体を万全にしようという前向きさ。

    多分、長男くんの気持ちの中にないわけじゃないんです。
    長男くんだって、実際はそう思ってるんです。
    だけど、伝わらない。

    思いを伝えることは、人づきあいの高等テクニック。
    だけど今後のためには、やはり必須テクニックです。

    だからそのことを話しました。
    君の意気込みが、前向きさが伝わったら、
    君の判断に委ねようと、もっとすんなり思えるような気がする、と。

    夕方、担任の先生から
    明日の教科連絡のことで電話がありました。

    多分先生は、
    近頃の長男くんはすごく調子がいいと思って下さってるので、
    最近ではすっかりノーマークのはず。

    学校での様子をちょっと聞いてみたら、
    「すごく明るくて絶好調ですよ~」と明るいお返事

    でも、以前から気になってる授業中の“電池切れ”状態。
    ついでだから、少し話をしてみました。

    授業中、集中が途切れて聴いたり書いたりができず、
    本人が悩んでるようで、と。

    それを聞いた先生、
    「まあ、あんまり思いつめないように言っといて下さい。
     元気で過ごすのが一番ですから。」
    って。

    なんだか、力が抜けました。
    ふぁん・ふぁん・ふぁん・ふぁん・ふぁ~んって。

    みんな似たりよったりなのに、
    バカ真面目なガッチガチの本人だけが大げさにとらえてる…のかな。

    本人の力みも
    同じように抜けていってくれたらいいんですけどね。

    速攻で、先生からの伝言を長男くんに伝えました。
    明日は多分大丈夫です。多分…


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    今どきの小学生事情? - 2011.10.30 Sun

    今日は小学校の日曜参観でした。

    三男くんの学年は、すごく横つながりが強く、
    クラスを問わず、タイプを問わず仲がいいんです。

    とても友達の多い三男くん。
    自然と私も知ってる子が多くなります。

    今や彼らも6年生。
    はからずも、みんなの成長を見守ってきた感があります。

    ほら、昭和の香り漂う
    子どもの王道を行く子ども達ですから、
    もう純粋にかわいくて

    入学当初から
    溢れんばかりのエネルギーが話題の学年でした。
    無邪気なやんちゃっ子でした。
    参観中なのに、親でもないのに手を振ってきたり

    それが、なんのなんの。
    今日の彼らはしっかりしてましたよ。

    ちゃんとTPOに合わせられるようになりました。

    授業の進行を無視して
    好きな時に発言しちゃう子もいました。

    よく授業中に脱走しては、
    図書室に隠れる子もいました。

    問題を解く時間になると、
    歩き出してしまう子もいました。

    うまくいかないことがあって、
    癇癪を起こしちゃう子もいました。

    参観ではしなくても、
    普段の授業では、結構見られた光景です。

    でも、これが
    今どきの小学校事情、なのかもしれません。

    それが最近は、
    すっかり落ち着いてきまして…。

    遊びの時間になれば、いつもの彼らですよ。
    いまだに、知り合いのおばちゃんに会えば手を振ってくれちゃう

    成長、ですね。

    指される前に話し出す子
    脱走してた子
    歩き回ってた子
    すぐ癇癪起こしてた子

    みんながみんな、それぞれに少しずつでも成長しています。

    中には、発達障害を感じさせる子もいて、
    おせっかいながらも、やっぱり気がかりです。

    親御さんは全く思いもしてないようです。

    先生方がどうとらえてるかは謎です。

    難しいですね。

    こんな時は消化不良。
    すっきりしません

    みんな笑って素直で、
    いい子たちばかりなんです。

    みんなそれぞれに、が続けばいいな。
    そう思いました。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    「やる気が出ない」 - 2011.10.28 Fri

    二男くんの合唱コンクールが終わり、
    我が家のピアノはうんともすんとも言わなくなりました

    長男くんの集中力が途切れる“電池切れ状態”
    相変わらずです。

    というか、実を言うと、
    事態は深刻化してるような気がしてます。

    最近は、はなから集中できないと言うんです。
    集中というよりも、何もやる気が起きないという無気力状態のよう。

    そうなると、何もする気になれないって言うんです。
    好きなことも何も。

    そのことに、
    何より長男くん自身がすご~く悩んでます。困ってます。

    でも、笑顔がなくなってきてるかというと
    そうでもなくて…
    テレビを見ながら声出して笑うこともしょっちゅうだし、
    ↑の話も、わりと明るめには話してくれました。

    でも、内容が内容だけに、やっぱり気になります。

    そんな中で、昨日今日と模試がありました。
    焦ってました。

    家でテスト勉強ができないことは、もうどうでも。
    でも、テスト中にもし手が止まってしまえば、
    結果がどうこうより、
    本人の焦りが大パニックを引き起こしそうです。

    結果は、2日とも「頑張った」ということです。
    つまりは、
    無理やりでも関心をどうにかテストに向けられたということ。

    もしかしたら…
    そんなに大げさなことじゃないかも。

    「何もやる気が起こらない」経験は、誰しもあるものですもんね。

    今までは、集中しようという意識すらなくて、
    いざ意識するようになったら、思いのほか大変だった。
    そんなことかも。

    とか、

    みんな案外
    「だるいな~」とか思いながら
    居眠りなんかしながら授業を受けたりしてるものなのに、
    融通が効かない故に、完璧を目指しているだけなのかも。

    とか、

    なんせ、自分で自分がつかめていないので、
    こちらが勝手に想像するばかりです。

    その一方で、

    今まで学校を休むという形で解消されていたものが、
    学校を休まずに行くことで、
    解消されていないストレスがあるのかも。

    とか、

    うつ傾向の無気力状態なのかも。

    とか、

    とにかくいろいろ妄想は膨らみます。
    一刻も早くどうにかしてあげないといけないんじゃないの?と
    私の方が焦ります。

    次回の診察&カウンセリングの時には、
    私もついていって相談してみようとは思っています。
    その日が待ち遠しい気分です。

    今、私にできることは…

    で~んと構えて、
    大丈夫、大丈夫、と
    いつもの呪文をいつものように唱えて、
    授業中寝てる子だっているんだから、気にしない気にしない、
    と軽~く受け流してみたりして、

    そんな能天気な親になりきることくらい。

    本当は、
    ぜ~んぜん能天気になれないんですけどね。

    頑張ります。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    合唱コン終わった〜\(^o^)/ - 2011.10.27 Thu

    二男くんの合唱コンクール終わりました。

    実は、合唱練習の終盤は
    伴奏が遅すぎる、速すぎると指摘を受け過ぎて
    すっかり混乱していた二男くん。
    かなり不安そうに、自信喪失状態で迎えた当日でした。

    もうね、この期に及んでこればっかりはしょうがない。
    指揮者に合わせたらいいよ。
    それだけ言って送り出しました。

    そして本番。
    聴いてきましたよ〜

    う〜ん、確かに。
    歌が先か、ピアノが先か。
    とにかくテンポが速すぎることは確かみたい。

    音楽の先生みたいな芸当は決してできない私ですけど、
    なんせ、何ヶ月も毎日毎日聞かされてきましたから。
    いつもの彼の演奏と違うことだけはね、
    さすがに分かります

    だけど、まあいいさ。
    役目は無事に終わりました。

    私も、やっと緊張がとけました。

    きっと友人たちと青春してるのねという
    普通の下校タイムにしては遅い時間に帰宅した二男くん。

    でも、なんとなくドロ〜ン
    終わってからやっぱり速かったという指摘を受けたみたいで、
    かなり凹んだご様子でございました

    いいさいいさ。
    これもいい経験です。

    「みんなかっこよかったって言ってくれてたよ〜」

    「…うん

    ダメか…。それなら。
    「確かに少し速かったねえ。もしかしたら歌が速かったのかもねえ。」

    これには引っかかった。

    「やっぱりそうだよね!
     速くなってると思ったから修正しようと思って
     間奏はわざとゆっくりめに弾いたのに、
     歌が速く始まるから慌てて追いかけたんだ」

    いやあ、そこまで来ると真相は私には分からないなあ。
    だけど…まあいいか

    クラスのみんなごめんね
    二男くんのずっと抱えてた内心の思い。
    だけど、ずっと「ごめん」と答えて黙ってた思い。
    我が家の中でだけは、それが正解だということにさせてね。

    二男くんも、ちょびっと成長しました。

    ごはん食べて、お風呂入って、寝る頃には
    少し元気が戻ってました。

    今日からまた平常。
    残るイベントなんて、受験のみ。
    そして孤独なる闘い。

    結果はどうでもいいから、
    そっちはすっきりとした顔で終わってほしいなあ。

    みんな、毎日いい顔で。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    思い当たったこと - 2011.10.26 Wed

    世の中が秋めいた頃から、
    長男くんは、
    授業中、最後まで集中を持続することができなくなりました(こちら参照)。

    これはかなり気になりましたよ。
    皆さんに相談してアイデアもらったり…。

    今も、特にいい変化はなさそうなんですが…。

    あれからひとつだけ、思い当たったことがあります。
    それは落書き。

    以前、長男くんの持ち物には、
    ノート、教科書、配られたプリント、テスト用紙、なんでも
    必ずと言っていいほど落書きがありました。

    人物のイラストが多いかな…

    長男くんによれば、
    落書きをしたら頭がリフレッシュされるということ(こちら参照)。

    だけど、一般的にはやはり誤解を招く行為じゃないですか。

    テスト用紙は、先生に提出するもの。
    そこに落書きがあれば、
    真面目にテストを受けなかったと解釈されがち。

    そんな話をしたんです。

    長男くんは、
    それ以来落書きをやめているようでした。

    それ、失敗だったかも。

    もしかしたら…

    最近の授業中の電池切れは、そのせいでは…?
    ふとそう思ったんです。

    長男くんにも、それを言ってみました。

    …「分からない」そうです

    「頭がパンパンになったら、ためしに落書きしてみたら?」
    今さら私がそう言っても、
    長男くんの頭の中には、

    授業中の落書き=よくない

    という図式が、すっかり完成してしまっています。
    「だっていけないことじゃん」って。

    まあ確かにほめられないことなんだけど。
    そう言ったのは母だけど。

    失敗したなあ。

    自分で決めてやらなくなっただけに、
    良くないことだと思ってるだけに、
    こんな時の彼は、鉄より固い。
    まさにお手上げ状態です。

    どうしたものか。
    私、ただいま思案中…


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (554)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (97)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹