• admin
  • topimage

    2011-09

    『違いの分かる男』は大変だ - 2011.09.30 Fri

    やっぱり季節の移り変わりは、
    敏感な長男くんにはつらい時期なんでしょうか

    今回の風邪騒動でそんなことを考えました。

    と言うのも、二男くんは宣言通り1日ですっと全快。
    熱も喉の痛みも咳もどこへやら…。
    さっそうと学校に向かいました。

    長男くんは、と言いますと、こちらはまたまた微妙な状態です。

    昨日は、学校から帰ってきてからも妙にハイテンションだった長男くん。
    ですが、知らない間にえらく早くご就寝でした。

    今朝だってちゃんと電車に間に合う時間に着替えも済ませ、
    荷物も持って部屋を出て来ました。
    だけど、喉の痛みとかはあまり変わり映えしないよう。
    咳に関しては、昨日の夜の方が出てなかったなぁ。
    今朝の方が、逆に気になる咳具合です。

    昨日、明るく頑張り過ぎちゃったかな。

    気になったんだけど、朝の時間はめまぐるしく…
    あれよあれよと出かける時間です。
    おまけに雨まで降っていて、
    カッパだったり傘だったり、声かけリストはぎっしりで…。

    心の中で「頑張れよ~」ってエールを送ります。
    もう、それしかできることありません。

    でもですね、
    学校に行きたくないと思ってるわけじゃないことは、
    もう分かってます。
    その点だけは、今となっては100%信じられます。
    「おせ~よ」って突っ込まれそうだけど…。

    あとは、
    かすかな体調の変化に長男くん自身が気持ちをどう持っていくか、ですね。

    昨日の夜には、すっかり元気になっていた二男くんが、
    「俺大人になったやん」と得意げに言いました。

    何それ?と思えば、
    「前は“病は気から症候群”やったやん。」

    そうでした。

    “病は気から症候群”とは、
    私が名付けて、いつしか我が家で定着した病名なんですけどね。
    二男くんも、ちょっと前までは下手に体温計を持たせられないタイプでした。
    気持ちで病気に入っていくやつでした。

    そうでした。そうでした。

    それを横で聞いていた長男くんが、
    「チクショー、負けたぜ。」と笑ってからんできます。

    だから、もう安心してたんですけどね。
    ま~だまだ、あやしかった

    季節の移り変わりには、膝関節に違和感を覚える。
    だから秋が来たとか、春が来たとかがそれで分かる。
    一度、長男くんがそんな話をしてくれたことがあります。

    他の人にとってはなんでもないことがなんでもなくない本人が、
    なんでもないことのように慣れていくしかないんですかね。

    『違いの分かる男』、苦労が絶えません。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    学校行っちゃった - 2011.09.29 Thu

    長男くん、学校行きました。

    治った〜というほどの体調の変化はないのに、
    人が変わったほどの気持ちの変化がありました。

    今朝も、相変わらずの微熱だったのかな…?
    37度台に乗ったあたりで、本人が計測をやめちゃいまして。
    私に体温計を見せずに電源OFFして、
    「まあ、大丈夫やろ。」って。
    本人がそう言うなら…。

    昨日までは、言われる前に熱測りだして、
    微熱の結果を私にいちいち見せにきてたのにな。

    薬飲んだ後には「しまった!」
    何かと思えば、
    「この薬飲まなきゃよかった。眠くなるから授業やばい。」

    そこかしこで“やる気”が…。
    何なんだ?この違い。

    咳も時々出てるのでマスクを渡して「いってらっしゃい」

    あそこまでがらっと態度が変わると
    こっちの方がついていけず、拍子抜けでした。
    本人曰く「すごく体が軽くなった」そうです。
    それが昨日と今日の違いなんですって。
    何が体を軽くしてくれたんでしょう…。

    実は、昨日から
    今度は二男くんが同じような風邪症状が出だしまして。
    熱も、長男くんより多少高い37度後半。

    熱もちょっと無視できないレベルだし、
    今朝は私の方から「学校あきらめて休んだら?」と持ちかけました。
    長男くんが勝手に誤解していじけても困るので、
    「熱も37度後半になると、やっぱりねえ」と理由を口にしつつ。

    二男くんのダウンに、
    内心(なんだ、長男くんはやっぱり本当の風邪だったんだ。)とほっとしたり、
    「大丈夫、今日中に治す」という二男くんの前向き発言に
    (そうそう、こういうことよ)と、
    聞いてるような聞いてないような長男くんの様子をこっそりうかがったり。

    長男くんの方は、ただただ「自分がうつした?」と気にしてました。

    二男くんの場合、長男くんの場合とは違う安心感があること、
    やっぱり否定できない。
    あらあら、風邪引いちゃった?と
    二男くんについては、私の方にも力みはありません。

    そのあたり、ダメですよね。
    私の中で長男くんへの信頼度がまだまだです
    私が勝手に疑ってるだけなんです。そうなんです。
    分かってるんです…。

    実際、長男くんが“気の持ちよう”テクニックを持ち合わせていないことは確か。
    二男くんから感じる安心感は多分そこにあります。

    でも…
    さっき思いました。

    結局は、彼の決めたペース取りの通りに事は進んだなあって。

    私が、あの手この手で何をしたところで、
    彼が休むと決めた日は休んで、行くと思った日に行って。
    私はただ、横でバタバタ気を病んでいただけでしたもの。

    任せてたってよかったってことか…。

    必死で自分に言い聞かせる必要なしに、
    手放しで信じてあげられるようになりたいです。長男くんのこと。

    変わらなきゃいけないのは、私ですね。


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    「調子はどう?」 「がんばる」 - 2011.09.28 Wed

    なんでかなぁ。

    今日仕事から帰ってきて、休んでた長男くんと対面。

    「調子はどう?」
    「う~ん、がんばる。」

    何を

    いっつもなんです。この返し。
    「がんばる。」

    何をって思うでしょ。

    今回はさすがに言いました。
    「頑張ってほしいから聞いてるんじゃないよ。
    体調戻ってないのに、無理して頑張ってほしいとは全然思ってないし。」

    相手の気に入る返事を、との一心かなと思います。
    その必死さが気がかりです。

    どんな具合か聞いてるのに、
    「がんばる。」じゃあ、何も分からないじゃん。

    だ~か~ら~ って気分。

    考えようによっては、
    昨日は頑張る気にならなかったんだから、
    まあ良くなってきたということかな。

    今日は1日、
    かつての長男くんのことを思い出してました。

    高校を休み出した頃。

    もっと遡って中学時代。

    以前に比べたら、
    「明日」を考えられるようになってきました。
    ありがとうが躊躇なく言えるようになってきました。
    好きな音楽アーティストができました。

    何より、今では笑顔でいることが普通です。

    少しずつ少しずつですけど、前には進んでいます。
    そこを認めてあげないと。

    さっき、早めに寝たはずの長男くんが、
    お茶を飲みに下りてきました。
    またしつこく聞いてみます。
    「どんな具合

    長男くんの返事は
    「う~ん。多分良くなってきた気がする。」

    上出来です。

    はっきりとつかめてないところが、逆に彼そのもの。

    彼の一歩に合わせた伴走者であること。
    今はそれを言い聞かせつつ…

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    朝になりました。
    長男くん、微熱がまだ下がりません。
    ちょっとあせる私…。

    でも、考えてみれば、
    風邪で2日くらい休むことはよくあること。
    “不登校”を意識しすぎて、
    逆に長男くんに対して高めのハードルを課してしまっているようです。

    反省反省。

    信じるぞ~


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    やっぱり早退 そして和解 - 2011.09.27 Tue

    残念ながらというか、
    案の定というか、
    長男くんは昨日、結局早退して帰ってきました。

    でも、意外にすっきりした顔で帰ってきたんですよね。
    不思議なことに。
    早退までしてきたくせにね。
    むしろ、大したことなさそうとふんだ朝の方が、ずっとつらそうな感じでした。

    言い分を聞いてもらえたら、気持ちがすっきりしたのかな。
    そんなふうにも見えましたよ。
    まるで、小さな子どもみたいです。
    幼いです。

    せっかくだから、病院に行って風邪薬もらって。
    その後は、おとなしく部屋で寝てました。
    もちろん、ゲームなどせずにね。

    夜中のゲームのことは、
    「違うんだ」と本人から申し立てがありましたよ。

    頭痛やのどの痛みがひどくて眠れなかったから、
    難しい対戦を1回やって、痛みを忘れてから寝た

    とまあ、長男くんの言い分はそういうことでした。

    すごい言い訳。
    普通なら受け入れがたい話です。

    だけど…
    痛みを忘れてから寝たという、なんとなく変な日本語が、
    彼の口から出ると、すごく説得力がある言葉に響きました。

    彼ならあり得る。
    確かにあり得るんだな。

    それを朝のうちに聞かせてもらえたらなあ。

    ま、私からかもし出すオーラが、
    とても言える雰囲気じゃなかったのかもしれませんけどね。

    私にも反省すべき点がいっぱいです。

    信じてあげるべきでした。
    もし、学校に行きづらかったんだとしても、
    それでも信じてあげるべきでした。

    学校を避けるつもりはさらさらなく、
    前に向かおうとしている彼の意気込みを、です。

    それに、こちらが大したことないと思うようなことも、
    持ち前の感受性の高さで、大したことになっちゃうんだってこと、
    加味してませんでした。

    反省。
    決めつけちゃうのが一番だめです。
    一番追いつめます。

    今回のことで、長男くんと2人で合意に至ったこと。

    体調が悪いと思ったら、
    早めに病院に行って安心しよう。

    お互いにもやもやするくらいなら、
    様子見などやめて、さっさと病院に行かせることにします。
    それが一番の得策みたい。

    無精者の私が一番いけないのでした。

    今日も、この際だから1日体をしっかり休めてもらうことにします。
    明日以降、それがどう響くか。
    正直なところ分かりません。
    ただそれが、今の時点で、私には最善と思われる選択です。

    和解成立


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    「学校休みたい」 - 2011.09.26 Mon

    久しぶりに言われました。
    「学校休みたい。」

    実際、体調不良気味の長男くんでした。
    何やら咳も出てるし、本当に風邪かなとも思ってます。
    だけど、昨晩あった微熱も今朝は下がり…。

    本人に言わせると、喉が痛くてキツイと…。

    ただ、状況的に休んだ方がいいという具合でもないし、
    何より、似たり寄ったりの体調で、
    この3連休にこやかに過ごしていた長男くんです。

    今朝は鬼になることにしました。

    今日は体育があるということだったので、
    「その時の調子次第で見学にしたら?」
    と声かけました。
    体調が悪いことを信じていないわけじゃないということ、
    その言葉で伝わってくれたでしょうか。

    長男くんは渋々、本当に渋々と家を出ていきました
    半年前を思い出す光景です。

    私自身が、「気力で風邪をはねのけてやる」というタイプでして。
    なので、
    そんな長男くんが、
    どうにもこうにもイライラしてしまうんですね。

    真相はどうなんだろう。

    確かに体調は崩しています。
    月曜日に向けて体調を整えないと、という緊張感が
    今一つ足りないことも否めない。

    だけど、1週間も、
    諸症状がお腹に来たり頭に来たり、というのは、
    なかなか通常の風邪とは結びつきにくい…かなぁ。

    何かあるのでしょうか。
    単に体調不良にビビってるのでしょうか。

    本当は、あまりに咳が止まらず微熱があるようだったら、
    今日1日休んですっきりしたら?とも思ってたんですよ。
    なのにねえ、
    どうも夜中にPSPで遊んだらしくて…。

    本人が言うには、
    喉が痛くて眠れなかったから、ということなんですが。

    正直、ブチ切れました。はい。

    怒鳴らなかったけど。

    「ゲームなんかしたら脳が休息できないから、余計に眠れなくなります

    「休んだら?」は引っ込んじゃいました。
    で、長男くんから出た「学校休みたい。」

    引っ込みつかない私がいて…。
    その結果、悶々と気になる私がいて…。

    今日、私はお休みです。
    早退してきたら、長男くんの大好物のラーメンでも食べに行こうかな。
    体に悪いか…


    いつも来ていただいてありがとうございます
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (139)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (87)
    家族のこと (555)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (47)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (32)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (98)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (96)
    本 (18)
    未設定 (1)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹