• admin
  • topimage

    2017-02

    「まだ休学したい」で驚いた父に驚く母 - 2017.02.14 Tue

    二男くんの大学から、
    休学期間の終わりに伴って、
    今後どうするかの手続き書類が送られてきています。
    提出期限は今月中です。

    父親役まで買って出るのは、もういや。
    二男くんの場合は特に。
    なので、父親に二男の意向を確認してと頼みました。

    そしたらねえ…。

    4月からは当然復学するんだろうと軽く思ってたみたいで
    私から見たら、
    「んなわけないじゃん」って印象だったんですけど。
    まだまだ二男くんの中には、
    その勇気も覚悟も自信もできていないってことは、
    目に見えてると思ってました。

    見ようとしないと、やっぱり見えないのね…

    それでもどうにか、父子の会話だけは実現しましたよ。
    でも案の定二男君の返事は
    「もう少し休学したい」というもので。
    それが寝耳に水だった父親は
    翌日の感想「まさか休学と言うとは思わなかった」という…。

    今のところ、
    「もう少し考えてみて」「うん」で話は終わってます。

    二男くんがまだ「頑張りたくない」以上、
    周りがどう汗かいたって同じこと。

    でもね、「休学」を選択した責任だって果たさなきゃ。
    その新たな1年を意味あるものにしなきゃ。
    見た目に何も変化なくても、家族には伝わる何かを。
    それがあれば、もう少し二男くんを信じられるのに。

    「頑張ろう」と二男くんがシフトチェンジできる時まで待つしかないとして、
    ただ待っているだけで、本当に彼は自力でシフト替えれるんだろうか。

    不安がどうしても消えないのはそこ
    そこだけです。

    そこを未来から来た誰かにでも「大丈夫だよ」って保証してもらえたら
    私、もう少し頑張れるのにな。

    なんて…

    二男くんが「もう少し考えた」結果がひとつ。
    とびきり嬉しいこと、ひとつ。

    昨日のうちに、
    床も見えなかった二男くんの汚部屋が片付いていました

    洗濯物も一気に出されて、今日は3回くらい洗濯機回さなきゃ。
    この状態のうちに、窓ガラスの修理見積もりも来てもらわなきゃ。
    二男くんが起きてから、だけど。

    そして、そんな話があってからの二男くんは
    家でものすごく明るく振る舞っています。
    一生懸命明るく。

    私が助け舟を出すことを期待してるのかもしれないです。

    でもね、私が口を出せばまた、
    彼のいつもの逃げ場を作ってしまうような気がします。
    「親が悪い」ということにする逃げ場。

    そしたらまた同じ展開になって、
    また私は二男くんを拒否したくなるを繰り返すんだろうと。

    やっぱり、私も逃げてるな

    とりあえず…。
    今日はバレンタインデー。
    いつものワンパターンチョコでも作ることにします。

    現実逃避。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    心のデトックス - 2017.02.07 Tue

    多分、今の私
    二男くんに対して冷たいんだと思うんです。
    そして、それを
    他の家族みんな気づいてるんだと思うんです。

    三男くんですら、それを気遣って
    二男くんに対して
    いつも以上にフレンドリーに接してるみたいです。

    例えば三男くんと私でリビングにいる時に
    二男くんが「ただいま~」と帰宅すれば、
    三男くんまでが「おかえり~」と返事する、みたいな。

    今まで、その三男くんからの「おかえり」は
    特になかったような気がしますから、
    三男くんにまで気を使わせてるんだなと思ってる次第で…。

    「おかえり」は言ってます。
    「いってらっしゃい」も。
    会話をしてくれば返事もするし。

    でもきっと、目をあまり合わせてないし、
    声のトーンは楽しげではないはず。
    私から雑談をふることもないですし、
    「部屋を片付けろ」ももう言わなくなりました。

    さらにさらに、まずいなって思います。

    長男くんはともかく、
    三男くんにまで気を使わせてるんですから、
    二男くんにだって伝わってるはず。

    もしかしたら、
    自分の言葉を受けて
    お母さんが反省して優しくなってる、
    くらい思ってるのかもしれませんが…。

    要は根に持ってるんですよ、私。
    大人げなくも。

    ちょっと、自分の心の中に
    毒素が回ってる感じ。

    デトックスしないとな。
    心のデトックス。

    何しましょうかね。

    いいこと探しも継続中ではありますが、
    なかなかどうして。
    スッキリな気持ちにはどうしてもならないの。

    敵も強者。
    猛毒です。


    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    まずいな…と思ってます - 2017.01.31 Tue

    二男くんには、もう何も言うまい。

    何度目かの決意をして、しばらくたちます。

    きっかけは、怒りに任せて自分の携帯を窓に投げつけて
    窓ガラスを割ってしまった二男くんへの苦言から。

    携帯はともかく(迷惑は自分にかかるだけなので)
    今の散らかった部屋では業者も呼べないから
    早急に片づけとけ、と言っといたら、
    窓ガラスを割ったことについて、
    「気がついたら割れてた」と言ってきて
    ごめんも何もないことに対して怒ったら、
    万単位でお金がかかるんだよ、と言ったら、
    それきっかけに、またいつもの“難癖”が出てきたことからでした。

    “難癖”と片づけてしまうのは、
    他人事すぎるかもしれないです。

    でも、やっぱり、
    その論調はまったく辻褄があってなくて、
    めちゃくちゃです。

    なぜ申し訳ないという気持ちから来ないんだ、と
    文句を言った人間に対して、
    その言い方が気に食わないと、
    上からの物言いが人格を疑うと、
    そんな感じ。

    まあ、上からですよね。
    説教ですもの。
    お願いではないですもの。

    行きつくところは、
    母親が悪かったから。
    母親が変わらなければ、自分は変わらない。
    とまあ、そんなところです。

    逆ギレだとは理解できますが、
    ちょっとこちらも何度目かのキャパオーバー。
    聞かぬふり、知らぬふりの父親にも。

    ほっといたら、
    今の二男くんはすっかり昼夜逆転。
    部屋は泥棒入った以上の散らかりっぷりで、
    もう数週間、まともに洗濯物を出してきません。
    多分、部屋に転がる服が増えていっています。

    窓は、業者も呼べずに
    段ボールで急きょその場しのぎに塞いだ状態のまんまです。

    バイトや、自分が入れた予定には間に合うようには起きてます。
    だから、もうほっといてます。
    携帯も、ランクを落としてネットで購入していました。
    ネットの手続きだけ、手伝ってあげました。

    でも、毎日仕事から帰るたびに、
    さらに散らかった部屋を見てはね、涙が出ます。
    自堕落になった自分に酔いしれてるような、
    そんな今の二男くんが、
    本当になんというか…。

    うーん…。
    悲しいというか、切ないというか…。

    要は、まだ逃げたいってことみたい。
    いろいろ頑張ることから逃げたくて、そこを頑張ってる。
    痛々しいほどに頑張ってます。

    でも、それもこれも、
    過去の私が追い詰めたのだということだし。

    あんな、えらそうなこと言った以上、
    自分のしなきゃいけないことだけはしなきゃ
    説得力が一気になくなるのに。

    そんな程度自分に厳しくすることもできない。
    相当かっこ悪いよ、二男くん。

    翌日には、普通に雑談をしかけてくる二男くんと
    あまり目を合わせたくもない。
    私の、それが正直な気持ち。
    それがずっと続いています。

    自分の気持ちが修復できないです。

    まずいなって思ってます。
    母親失格だなって。

    でも、失格でもいいやって、
    今はそっちの方が大きくて。

    本当にまずいです。



    いつも来ていただいてありがとうございます。
    ブログランキング参加中
    よろしければこちらも♪
    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ 人気ブログランキングへ

    NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

    ご訪問ありがとうございます

    プロフィール

    kanon

    Author:kanon
    夫に息子3人
    猫2匹にカメ1匹
    それから庭の草花たち
    ありふれた日常

    毎日嵐
    毎日笑顔
    何があろうとなかろうと
    それでも日々は過ぎてゆきます
    日々是好日

    カテゴリ

    はじめまして (1)
    多分これが始まり (3)
    学校のこと・社会のこと (42)
    凸凹のこと・特性のこと (138)
    発達障害の話 (32)
    本(育児・発達障害) (18)
    凸凹・長男くんの場合 (86)
    家族のこと (541)
    兄弟・あれこれ (50)
    三男くん・あれこれ (46)
    二男くんあれこれ・中高編 (121)
    二男くんあれこれ・大学編 (26)
    長男くんあれこれ・高校編 (183)
    長男くんあれこれ・大学編 (91)
    詩 (13)
    日々のこと・雑感 (90)
    本 (17)
    未設定 (0)

    最新記事

    最新コメント

    お気に入りサイト

    このブログをリンクに追加する

    blogram

    gremzの樹